そもそも、革(LEATHER)とはなんなのか? 動物より剥いだ皮を脱毛し、鞣して得られる製品で、鞣し革(がわ)革(かく)とも言われます。
また鞣していない生皮(なまかわ)から革までを含めて皮革(ひかく)と総称します。
 毛皮は毛をつけたまま鞣したもので、広義には皮革を含めます。
原料となる原皮は、牛、羊、ヤギ、馬、豚、鹿などのほ乳類のほか、ワニ、トカゲなどのは虫類が用いられますが牛革の使用量が最も多いです。
皮を鞣すことにより腐敗し難く、柔軟性、多孔性、耐水性に優れた革になります。
クロム鞣し草植物タンニン鞣し革、油鞣し革、アルミニウム鞣し革(明礬鞣し革)など多くの種類がありますが、クロム革鞣しが最多です。それぞれの特有の性質で用途も様々です。
原料皮の分類

あらゆる皮革の中で、最も用途の多いのは牛革です。わが国でも、牛革による皮革製品が各種にわたりつくられていますが、原皮そのものは、85%以上を海外からの輸入に頼っています。原皮には、産地、性別、年齢によって品質にかなりの差があり、つぎのように分けられます。
カーフ 生後約6ヶ月以内のもので牛皮中のトップクラスです。小判薄手で、キメのこまかいのが特長です。
キップ 生後半年以後から1年余までのもので、カーフより厚手になり、強さも増します。カーフにつぐ高級皮。
カ ウ 生後2年以上のメスの成牛の皮。(未産の場合はカルビンとよりきめ細か)ステア、ブルほどの厚みはありません。
ステア 生後3~6ヶ月以内に去勢したオスで、生後2年以上を経たものの皮。厚みが比較的平均しています。
ブ ル 生後3年以上のオスの成牛の皮。厚手になり、繊維組織のあらさが目だちます。
地生
 (ヂナマ)
国内産の牛は、生皮のままで取り引きされたところから、地生と呼ばれます。
一頭分の大きさは北米産とほぼ同じですが、海外のものよりも、ぎん面に傷がなく、きれいです。
衣服、手袋などに用いられます。特に子山羊の革はキッドと呼ばれ高級靴、高級婦人手袋に多く用いられます。薄く、やわらかで、主に衣類、手袋に用いられるほか、書籍の装丁にも使用されます。中でもインド産羊皮は、その革の優秀性が世界的に認められています。 馬革の尻の部分は組織が緻密で光沢の美しい革ができるので、特にコードバンと称して珍重され靴、ベルト、時計バンドなどに使用されます。その他の部位は靴の裏革などが主な用途です。
カーフより上等、しかも丈夫でしなやかです。のびて変形しないため、ごく高級な靴、スパイクシューズに使用されます。 鹿の皮を動植物油でなめした皮は、やわらかくしなやかでセーム皮と称しています。航空機用ガソリンこし、ガラスふき、高級手袋、帽子、衣服などが主な用途です。
牛皮についで利用範囲が広く、カバン、袋物、ベルト、をはじめ、靴の甲裏革や敷革に用いられます。海外では珍重され、最近では多量に輸出されています。 ワニ、トカゲ、ヘビの3種が主なもの。いずれも革の模様が珍重されます。高級袋物、ベルト、時計バンド、靴、草履がその用途です